FC2ブログ

雪 冠

kawatabi3_20190205205031b68.jpg
 列車を待っていると、かすかな硫黄の臭い。
温泉への誘惑。
 本当は熱めが好きで、45℃くらいなんだけど。
こういう場所で写したら駆け込みたい。
 でも、風呂に入ったらまったりしてしまって撮影はもうダメだろうな(笑)


スポンサーサイト

北西色

tohoku1_2019021022071594a.jpg
 春の風はさくら色。
秋は紅葉色。

 夏は暑いだけで風情がないのか。

 それなら、嫌がられる季節の色を、
等圧線の間隔がぎゅっと縮まったら、
日本海に筋状の雲ができたら、
見においで。


風と落ち葉と旅人

kisyamichi_20190205205338329.jpg
 港へ汽車が。
時が変わって、線路端はおしゃれな秋。

 汽車から船に乗り換える。
そんな夢もいい。

 レールを踏みしめたら時の鼓動。
楽しむ人たちと一緒に。
豊かな晩秋を愉しむ。

 あの時代にどう想った。
みなと、みらい。


夕焼け小焼け

tohoku2_20190210221238e49.jpg
 いろんな思い出が。
 あれは冬の磐西。
小駅に降りてみた。
時報で流れてきたドヴォルザークの「新世界」に心震えて。
 踏切のところでD51を見送った子供たちがたどる家路。
待っているのは暖かい家と温かい晩御飯。
 雪が凍りついたプラットホームにひとり取り残された。
青と白のトワイライトに包まれた忘れがたい一日。

 日暮れ。それは郷愁。

 今日はどんな暮れ方か。


あの時代の彼方

tohoku3_20190211213227a13.jpg
 遠い時代。
D51が、C59が抜けた道。
機関士になれる道。

 勾配を登り切って。
短笛一声。
外の空気を味わって。

 通るたびの高揚感は何だろう?
ここを通った人たちの想い。
 時代の咆哮が聴こえる。

空 蝉

tohoku4_2019021121345137c.jpg
 裏縦貫の電化を控えて。
鳥海山をバックに、ゆるやかな煙とともに永遠に走り去ったD51。
 それからというもの。
繰り返した無意味な願望。

 もっと早く生まれていれば。

 それがもしかして。
ふるさとでまた撮れる期待感。

 デジャヴに揺れる。


盛夏の候

tohoku5_20190211213737e49.jpg
 お変わりなくお過ごしでしょうか。
最近は季節の回り方が早いですね。
それでもまあ平穏な日々。
こちらもあの震災を経験しているのでありがたみを感じます。
 天候に恵まれて稲の生育は順調のようです。
その風景を写そうと米どころに行ってみました。
厚い雲がかかっていましたが湿度がたっぷりです。
電車を待っているとタンクトップが汗びっしょり。
 そのうちに雲が切れて、13時頃。
南からの電車です。
熱気も運んで。
 去年は雨ばかりだったから夏らしい爽快感。
これが今年の夏風です。