FC2ブログ

夏 日 絵 (なつにちえ)

himawari.jpg
 汗まみれになりながら立ち止まった。

 断片的な記憶。
「Summer Of Love」や「ひまわりのテーマ」を聞いいたのは中学生の頃だったか。

 華やかさを感じたくない。
どうしてもその裏側にあるもの悲しさが前に出てくる。

 暑いのはたぶん1ヶ月くらい。
待ち焦がれたはずの情熱的な季節が去りゆく。

 はじける時間は短かすぎるし、それを待つのは長すぎる。

 哀花。今年の。



スポンサーサイト

帰 去 来

tohoku_20190708211129e45.jpg
 帰りなん、いざ。
 

  

have a green shower

tohoku2_20190606215553abc.jpg
 晩春でも初夏でもなくて。
ほんの一瞬。
 「山笑う」、そのちょっとだけ前の「微笑み」。
人知れずの表情。

 lime greenのひかりと瀬音が降りそそぐポイントが気に入って。


華 通 り

sakura2.jpg


 見かぎりし故郷の桜咲きにけり  一茶


 一日中堪能して、春の暮れ。


morning call

tohoku2_20190402205743307.jpg
 おはよう!

 Have a good weekend !


春 凛

tohoku_20190303205816ccf.jpg
 いつもそばに山があった。

 小学校の校庭から望んだ鳥海山。
 磐梯山。
 吾妻山。
 安達太良山。
 岩手山。
 今日は2階の窓から蔵王がきれい。

 日差しが少しずつ強くなる今頃がみんな一番美しい。
遠くに見えるだけでもいいから。
神々しくて心が鎮まる。
 美しすぎて、山の神。


雪 冠

kawatabi3_20190205205031b68.jpg
 列車を待っていると、かすかな硫黄の臭い。
温泉への誘惑。
 本当は熱めが好きで、45℃くらいなんだけど。
こういう場所で写したら駆け込みたい。
 でも、風呂に入ったらまったりしてしまって撮影はもうダメだろうな(笑)