FC2ブログ

空蝉

yamagata3_2018081610240073f.jpg
 裏縦貫の電化を控えて。
鳥海山をバックに、ゆるやかな煙とともに永遠に走り去ったD51。
 それからというもの。
無意味な願望。

 もっと早く生まれていれば。

 それがもしかして。
ふるさとでまた撮れる期待感。

 デジャヴに揺れる。


スポンサーサイト

盛夏の候

abukyu.jpg
 お変わりなくお過ごしでしょうか。
最近は季節の回り方が早いですね。
それでもまあ平穏な日々。
こちらもあの震災を経験しているのでありがたみを感じます。
 天候に恵まれて稲の生育は順調のようです。
その風景を写そうと米どころに行ってみました。
厚い雲がかかっていましたが湿度がたっぷりです。
電車を待っているとタンクトップが汗びっしょり。
 そのうちに雲が切れて、13時頃。
南からの電車です。
熱気も運んで。
 去年は雨ばかりだったから夏らしい爽快感。
これが今年の夏風です。


マイ・ライン、マイ・ライフ

ki.jpg

sho.jpg

ten2_201806272027389ba.jpg

ketsu.jpg

 起。スタートダッシュで人より先行。
 承。順調に実績を上げながら。
 転。ぶつかった課題を克服したことで評価を上げて。
 結。組織の幹部として、名も実も得て充実した暮らしぶり。

 そんな絵に描いた人生では全然なかったなあ(笑)
転んで投げ出したようだけど、それはそれでまた楽し。


I need you,福島

fukushima_20180518224724217.jpg
 県境を越えただけで気持ちが変化するのがよくわかる。
ただの被災地ではないという思い。

 「福島って今どうなの?」
実は答えに窮する質問。

 「まだまだ戻れないからね。こっちに仮設がいっぱいあるよ。」
やっぱりダメなのだと思われたくない。

 「大丈夫だね。福島第一原発の近くを除けばちゃんと生活してるよ。」
じゃあもう応援しなくてもと思われたくない。

 足して二で割るような答えで本当にいいのか。

 出会えたのは美しい春の情景。
でもまだ明るくは描けない。
少しでも早く、曇りのない気持ちで桜を眺めたい。

 さくら、咲いたね!


LOVE TOHOKU.
LOVE FUKUSHIMA.



Osaki BREEZE

osaki.jpg
 船形山を見たくて大崎耕土。
早起きして世界農業遺産の田んぼの中。
 あちこちに居久根。
鳥や小動物が住むエコロジーと木々が燃料を生み出すエコノミー。
視察した外国人が驚嘆した土地だ。

 白峰から下りてくるそよかぜ。
暖かさと冷たさが心地よかった。


 居久根:「いぐね」

 LOVE TOHOKU.
 LOVE MIYAGI.


city lights

tyo3.jpg
 夜がやってくる。
blue hourにときめき。
これからの出逢いを想って。
早く逢いたい。
 今日はどこまで?


冬の子

rikuto_20180205215624da1.jpg
 ひとり。
 都会の軽薄さ。
人前でおしゃれっぽく振舞ってみたところで所詮希薄な人間関係。
こういうとこに来るとそれさえ断ち切れる。
 向き合う風雪。
なぜここへ来たのか?
これからどうすればいいのか?
まっさらな中で自問自答。
 降り積もるように、少しでも個が厚みを増していければ。