03.05
Fri
tohoku17.jpg
 船形颪がここまで来るのか。
寒すぎる。
 写す電車も冷たそうなステンレス。
それなら。



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
09.15
Sat
wakayanagi3.jpg

 どうしてもこの電車を走らせたかった。
ある秋の朝、甦っていた。
 正面の窓が輝きだすと、前照灯も点いた。
モーターも唸り出した。
もうすぐポイントが切り替えられ、本線へ走り出す。
 間違いなくこの電車はまだ生きている。ただ眠っているだけ。
虫の声を聴きながら秋を迎えたことだろう。


comment 0 trackback 0
back-to-top