林間ダブル

okunikkawa1.jpg
 山間の駅にたどり着いた。
この駅までのアプローチは正直大変。
ワインディングロードで二度、クルマの腹がガリッと音をたてた。
ジムニー欲しいなあ。
 そんな思いをよそに斜光線がおりなす情景の中に佇む朝の貨物列車。
森閑とした小駅にダブルヘッダーのモーター音が響き渡る。
奥羽の山越え。
 少し陽が高くなって蝉が鳴き出した。
つられるように鳴き声が重なってくる。
 近くのキャンパーはもう朝食の支度。
まだ5時半なんだけど。 
 いつ頃の夏だったかな。

スポンサーサイト

雲は湧き、光溢れて

ishinomaki7.jpg
 湧き上がる入道雲、フィールドには背番号1。
いくら日焼け止めを塗っても流れてしまう。
ドリンクを一口含むと天国。
一日中晴れと言ってもこれはやり過ぎ。
 汗まみれになって、それでも写真を撮っている。
早くディーゼル来ないかな。
つけっぱなしのカーラジオから試合開始のサイレンが聞こえる。
 やっぱり、夏。