弥生、西若松

nishiwakamatsu8.jpg
 構内にわずかに雪が残っているから今頃の時期かも知れない。
風がやむと日差しにいくらか暖かさが感じられる。
冬が通り過ぎたな、という思いだ。
 こうなると気持ちに余裕が出てくるのか、冬の厳しさが何となく懐かしくなる。
蒸機現役の頃の会津だって今よりはるかに雪が多かったのだから余計春を迎える喜びが大きかったに違いない。
 弥生3月。
季節が行ったり来たりするこの時期が何となく好きだ。

スポンサーサイト