FC2ブログ

花華

nagai5.jpg
 その散り際が日本人の心の琴線に触れる。
長い冬に耐えて、春を迎える喜びを一杯に表わし、その後の夏の華やかさを味わうこともなくその前に季節を終える。
 そんな華麗な人生でなくても、このくらいの盛り上がりでいいんだよというところが日本人の奥ゆかしさと思える。
 駅に続く道はさくら色。
国鉄時代から駅前のさくらを眺め続けてきた駅舎。
何という豊かさなんだろう。

スポンサーサイト



駘蕩春の

nagai4.jpg
 この季節が来た。
東北もすっかり温暖化が定着し雪が少ないから、かつてのような春を迎える喜びはないのかも知れないが、咲く時期を別にすればやはり桜はいい。
 桜はおきたま。
この咲きっぷりはどうだろう。
生きる喜びがあふれている。
撮らずにはいられない。
 こんな桜のそばを走れる列車も、それを楽しめる自分も幸せだ。

春、朝日

nagai3.jpg
 朝日が望める場所を見つけた。
200ミリレンズでピタリ収まる。
NDCを待っていたら、地元のおばさんが話しかけてきて山菜をくれた。
 雄大な景色に見とれてしまう。
今、ここは自分だけのポイント。
しかしすごいところだなあ。
 「カタン、カタン」と2連が橋を渡ってきた。