07.22
Wed
oiwake5.jpg
 今は亡きクラ。
ちょうど2両が煙を吐いている。
完全なシンメトリーになってしまった妙な写真だけど、まさに現役時代。
木造の扇形庫から煙が立ち昇る。
 内地から行った者から見れば目新しい情景も北海道ならいつものこと。
今でも残っていたら現代の蒸機が入庫しただろうか。


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
07.12
Sun
shinainuma11.jpg
 午前10時頃までは晴れるという天気予報。
薄い雲を通して紫外線がビリビリするような日差し。
当てもせずに田んぼの中で列車を待つ。
 不意に583がやってきた。
田んぼのグラデーションが気に入っていたアングルだから迷わずにシャッターを切る。
 え、はつかり?
あの頃と変わらない景色。
懐かしかった。


comment 0 trackback 0
07.09
Thu
nakayama2.jpg
 本線から別れてホームに入ってくる。
4両の客車はダイヤモンドクロスのポイントで華麗なステップを踏む。
赤い衣装をまとい、近代的になった列車が身をくねらせる。
わざわざ本線からホームに立ち寄ってくれる。
 現在、過去、未来。
ひとつ曲がり角、ひとつ間違えて、迷い道くねくね。
 雨の日の峠越え。
スイッチバックという言葉もいつの日か忘れ去られるのかも知れない。


comment 0 trackback 0
07.05
Sun
sendairinko3.jpg
 まだ梅雨は明けない。
それならそれで。
 小一時間ばかり、とある踏切を行ったり来たり。
水たまりにできる環が面白くて、ね。
 体は濡れるし、カメラも濡れるし、いいことがない雨の日にも愉しみがある。


comment 0 trackback 0
back-to-top