FC2ブログ

夕暮れ残暑

kanayagawa1.jpg
 ゆったりとした時間が流れる構内。
北へ南へ慌ただしく行き交う列車が途切れた一瞬。
 確か、もわっと暑かったんだな。
夕方になっても暑さは退かない。
多分、今みたいにどこでもペットボトルが手に入る時代じゃないから、ただひたすら待っていたんだと思う。
 もちろん当時の金谷川駅前だから、雑貨屋が1軒あった以外は何もなかった。
福島大学?
それが移ってくるだいぶ前の話。
 もうすぐトンネルから「はつかり」が顔を出す。
 一番右側の線路は上り貨物を押してきたED71の解放線。
解放された補機はポイントを渡って左側の下り線から福島へ帰っていく。
 そんな頃の話だね。

スポンサーサイト