FC2ブログ

遠 い 汽 笛

tohoku8_20200105181539796.jpg
 キュウロクの咆哮を聞きたくて。
峠の入り口。
今は静かに。一日に何度かディーゼルが停まる。
あの頃からの時間が積み重なるだけ寂しさも増す。
あの急行列車さえ彼方に。
 遠ざかる、ふるさと。


スポンサーサイト



恋旅

nagai25.jpg
 ふと、風がやんだ。
何か話したいのに引き止める言葉が出てこない。
追っても多分無駄だろう。
ここで見送るしかない。
 やっぱり行ってしまうんだ。
どうしようもない季節。
 それでも彼女は立ち止って振り向いてくれたような気がした。
少しだけ。

続 C11の肖像

wakamatsu4.jpg

 半日以上もクラで過ごす。
スナップをしたり。
拓本を取ったり。
ロッドに触れたり。
何をするでもなく。
中学生はC11をいじりまくり。

 この空間。この豊かな時間。
ここに居れてよかった。


C11の肖像

wakamatsu3.jpg

 C11。
サイレント。
 火は燃えてい る。
明日はどんな仕業だ?
熱塩か?只見か?それとも田島か?
最後まで誇りを持って。
体は小さくとも。
走りぬこう。


赤 の 疾 駆

tohoku6_20200119212944ee4.jpg
 走り込んだこの道。
上質なカマ。上質な風景。

 風が抜けて行きます。
もう遠ざかる、あの日。
小春日和の、あの陽ざしが暖かく感じられる一日でした。