10.28
Sat
ishinomaki.jpg
 名曲。
広がりのある大瀧詠一さんのメロディに透き通る聖子さんのヴォーカルがよく合って。
 イメージするのはやっぱりこの時季。
暑くなく寒くなく。
 沿岸はまだまだだけどここまでくれば何の傷もなくて。
心地よい風に吹かれて、いつの間にか古くなったキハが走る。
 ひととき秋風に包まれて。



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top