FC2ブログ

豊饒の旅 ~落穂の章

tohoku4_201910272158365a8.jpg
 長い影が落ちて。
ふるさとを思い起こさせる道。
足元で跳ねた、往き遅れたいなご。
すっかり弱くなった虫の声。
 幼少の頃に歩いたふるさとの記憶。
通り過ぎる貨物列車は生まれ故郷を離れてから過ごした時の長さか。

 豊年満作。

 小椋佳さんの「風は過ぎ人も過ぎ」が染みるなあ。
 


スポンサーサイト